BLOG
 
 
【活動報告】親なきあと問題研究会の連続講演会 更新日:2017.07.16(日)

親なきあと問題研究会を2017年3月に立ち上げ、毎月1回の連続講演会を開催している。4回目は大分で最も有名な精神科医釘宮誠治医師をお招きして、発達障害の理解と、発達障害者の成人して老いていくまでの連続した支援のあり方についてお話をいただいた。親なきあと問題研究会は、障害を持つ子どもさんの将来の問題を早くから調整しておくために、弁護士、司法書士、税理士、フィナンシャルプランナーなどが連携して対応する組織で、河野が代表を務めている。次回は8月5日午後1時半から大分県社会福祉会館で開催する。
 
【ワイン】青森ではKeiも楽しかったです 更新日:2017.07.16(日)

青森のワインバー巡りでは、最初に訪れたのがKeiだった。イタリアワインのグラスが泡、白、赤合計10種類位あり、さまざまな飲み比べが楽しめた。オーナーシェフ高杉圭之輔さんの作る料理も美味しい。高杉さんは、地域活性化アイドル「GMU」の楽曲プロデューサーもされているとのことで(ホームページを見ると、なかなか本格的なアイドルグループのようだ。)、多彩な才能を持たれている。アイドル話でも盛り上がった。
 
【ワイン】青森のワインバーはマルコポーロ 更新日:2017.07.16(日)

全国ワインバー巡りの44県目の青森。クレサラ対協拡大幹事会で訪れた。ワインバーとして良かったのは、マルコポーロ。地中海料理の店だが、世界のワインを幅広くそろえている。ギリシャやハンガリーのワインも置いており、エグリビカヴェール(ハンガリーの代表的ワインで雄牛の血という意味。)があることに感動して、さっそく飲んだ。経営者の山田武人さんは、気軽に写真撮影にも応じてくれて、無事ワインバー巡りが達成できた。
 
【ワイン】岐阜のワインバーはアドニス 更新日:2017.06.11(日)

◇ 年に1度のクレサラ実務研究会。河野聡が企画運営をするようになって15年になる。今年も、消費者問題や多重債務問題に関する様々なテーマについてじっくり研究した。
◇ 前夜、岐阜でワインバー巡りをした。岐阜にも本格的なワインバーが定着していた。岐阜市玉宮町1−8のワインバーADONIS。ソムリエの藤井一統さんが1人で対応されている。グラスワインも本格的なものがそろっており、満足な時間を過ごした。
 
【活動報告】大分県弁護士会が自死関連事案当番弁護士制度発足 更新日:2017.03.27(月)

◇ 大分県弁護士会は、4月から、自死関連事案当番弁護士制度を発足させる。それに先だって、3月25日に自死問題と専門家の連携に関するシンポジウムを開催した。
◇ 大分大学医学部の救命救急センターで精神科対応をしておられる兼久雅之医師、大分県臨床心理士会副会長の大嶋美登子さん、日弁連貧困問題対策本部事務局長の辻泰弘さんがパネリストとなり、自死問題の相談対応のありかたなどについて議論を交わした。
◇ 当日は、日弁連自殺対策プロジェクトチーム委員古本晴英弁護士も参加され、この制度の今後の在り方について、辻泰弘さん、古本庄僂気鵑醗みながら語り合った。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所