BLOG
 
 
【弁護士河野の日常】川崎で飲むワインは美味しかった。 更新日:2009.02.15(日)

◇ 2月14日から15日にかけて、川崎市で日栄・商工ファンド対策全国弁護団と43条対策会議が連続して開かれた。新人の宮弁護士と、今事務所で研修をしている司法修習生を連れて参加した。
◇ 日栄・商工ファンドとも、もはや断末魔というべき状況だが、弁護団は最後まで気を緩めることなく闘うことを誓い合った。
◇ 夜の懇親会の後、広島の板根弁護士、島根の田上弁護士、本家弁護士とともに、川崎駅近くのワインバー「エノヴィーノ」に行った。ワインショップに隣接してレストランがあるという形態で、自分で選んだワインをその場で飲むという趣向が良かった。当然ワインの種類も豊富で、私の好きなオーストラリアのシラーズをを飲むことが出来たのが幸せだった。
◇ 「エノヴィーノ」の周囲はヨーロッパ風の街作りで、ドイツの街角で飲んでいる雰囲気を味わえた。
 
【活動報告】★ 登録政治資金監査人の研修を修了しました 更新日:2009.01.31(土)

◇ 国会議員の事務所費問題などで政治資金の使途に関する国民の批判が高まっているなか、政治資金規正法が改正され、国会議員関係政治団体については、登録政治資金監査人による監査を受ける制度が創設され、今年1月から実施されている。
◇ 弁護士、公認会計士、税理士の中から登録をして、研修を受けた者だけがこの政治資金監査報告を行うことができる。私は、昨年10月にこの登録を行い、1月29日に研修を修了した。
◇ 実際に国会議員から監査の依頼があるのかどうかは分からないが、この制度について学ぶことで、国会議員の収支がどのようにして国民に監視されることになるのかを知ることができ、非常に勉強になった。この制度は中立公正な監査人による監査を受ける制度であり、本来国会議員はより厳正な監査を行う者に監査を依頼すべきである。それができる国会議員が本物の民主主義を実践できる国会議員なのだと思う。
 
【弁護士河野の日常】2009年あけましておめでとうございます。 更新日:2009.01.01(木)

◇ 昨年も大変お世話になりました。
◇ このたび当事務所で3年3ヶ月一緒に働いてきた吉村一洋弁護士が、日弁連の過疎地公設事務所への派遣として新潟県新発田市に赴任し、当事務所を退所することになりました。吉村弁護士はもともと過疎地で働く希望を持ち、当事務所で実務経験を積んで来たのですが、今後は新発田において、市民の権利の砦を作ってくれることと思います。
◇ 一方、昨年末に司法修習を終えて弁護士登録した宮崎奏子弁護士が当事務所に加入しました。当事務所で初めての女性弁護士です。今後は女性の弁護士に話を聞いてほしいという女性の相談者のニーズにも応えることができるようになりました。
◇ 今年も、ますます充実した法的サービスを提供していく所存てす。また、「常に市民の権利のために」のスタンスを貫いて働いていく覚悟です。どうか今後ともよろしくお願いいたします。
 
【活動報告】労働・住まい・生活保護・多重債務何でも相談に電話殺到! 更新日:2008.12.24(水)

◇ 全国一斉年越し相談会が開かれた。九州全体の相談を大分会場で引き受けたが、午前10時から午後5時までで52件の相談があった。そのうち、派遣切りの相談が15件を占めた。大分キヤノンの減産に伴う下請け企業の雇い止め・派遣切りが少なくとも9件あった。中には、6ヶ月の契約社員であるのに、最初の1ヶ月余りで辞めるように言われ、今年いっぱいで社宅も出るように言われているというひどい事案もあった。明日から、来所相談を受け付けることになる。
◇ キヤノンは雇用創出ということで誘致され、県や市から多大な優遇措置を受けて来たはずだ。それが不況になると簡単にたくさんの人たちの首を切るというのでは無責任きわまりない。結局、行政が尻ぬぐいをしなければならないのでは、企業としての社会的責任とは何なのかと言いたくなる。
◇ 解雇問題の相手は下請け企業ということになるが、何とかキヤノン本体に対する責任追及もできないのか、考えてみたい。 
 
【活動報告】年末押し迫って集会ラッシュ 更新日:2008.12.23(火)

☆ 今年1年間は、貧困問題に懸命に取り組んだ。秋以降は、世界的不況に伴う解雇・雇い止めや社宅・寮の追い出しなどが社会問題化し、雇用問題にも取り組む必要が生じた。日弁連の生活保護問題緊急対策委員会も、「貧困と人権に関する委員会」と組織変えがなされ、ワーキングプア問題や子どもの貧困の問題にも取り組むことになった。
★ 12月20日には鹿児島で生活保護支援九州ネットの研修会が開かれた。翌21日は東京で有期保護(生活保護の受給期間を生涯5年に限定しようとする動き)に反対する集会に参加した。23日には、全国クレジット・サラ金問題対策協議会の常任幹事会に参加した。その後、日弁連「貧困と人権に関する委員会」の組織についても話し合った。明日、24日はいよいよ「年越し相談会」だ。
☆ 1年の締めくくりに集会・活動ラッシュで大変だったが、その年の活動を総括し、来年に向けての取り組み方針を明確に立てることは大切なことだ。社会を少しでも変えていくために、来年も尽くしたい。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所