BLOG
 
 
【活動報告】臼杵東中学校でいじめ問題についての講演会 更新日:2012.10.25(木)

◇ 臼杵東中学校で全校生徒を相手にいじめ問題についての講演を行った。私と、BAPOO理事である安部尚子さんの2名で行き、安部尚子さんがいじめの実例を元に書かれた絵本の読み聞かせをした後、私が、いじめの実例や、なぜいじめがいけないのか、いじめられている子はどうしたらよいのか、などの話をした。
◇ 1年生から3年生まで全員が対象だったので、話の的をどこに絞るか難しかったが、皆最後まで静かに聞いてくれた。
◇ BAPOOでは、来月、再来月もいじめの講演が続くが、私たちの講演活動でいじめが少しでも無くなってくれると嬉しい。
 
【活動報告】全国生活保護裁判連絡会が大分で開催 更新日:2012.10.20(土)

◇ 全国生活保護裁判連絡会の第18回総会・交流会が大分市コンパルホールで開催された。全国から生活保護裁判に関わっている弁護士や学者・支援者ら50人が集まり、大分県内の生活保護問題・貧困問題に取り組む市民も含め、約140人が集まった。
◇ 基調講演は、東京災害支援ネット代表の森川清弁護士が務められた。東日本大震災が起きた後、東京に避難してきた人たちの支援に携わった経験から、生活支援のあり方について話をされた。行政が被災者のニーズを十分調査しない中で、被災者のニーズに沿った支援活動を展開し、行政を変えていった取り組みは、大変参考になった。
◇ その後全国の生活保護裁判の取り組みが報告された。
 
【活動報告】名古屋で社会保障を考えるシンポジウムに参加 更新日:2012.10.15(月)

◇ 名古屋で税と社会保障の一体改革について考えるシンポジウムが開かれ、参加した。日弁連貧困問題キャラバンとして開催されたので、日弁連貧困問題対策本部副本部長として開催の挨拶をした。
◇ 基調講演は鹿児島大学の伊藤周平教授だった。消費税増税してもかえって税収は減るのであり、累進課税が合理的であること、社会保障を充実させると言いながら、実際には社会保障の効率化だけが進められていることを分かりやすく話された。年金積み立てにより、110兆円もの留保金があるのに、取り崩さないことは不合理であることや、消費税増税をすれば中小企業は苦しくなり従業員の非正規化が進むことなども分かった。
◇ 現在の国の動きがいかに異常であるかが分かった。
 
【弁護士河野の日常】原井孝治君と再会 更新日:2012.10.14(日)

◇ 高校時代を過ごした伊丹に遊びに行き、高校の同級生の小池君と飲んだ。夜11時頃に飲み会が終わり、宿泊の伊丹シティホテルに帰ろうとしていたら、偶然、中学3年の同級生の原井孝治君と会った。
◇ 原井君は三重県津市から転校して来た私と親しくしてくれ、一緒DJごっこをしたり、津に遊びに行ったりしてくれたおもろいヤツだ。
◇ 原井君は、私が高校生の時に森昌子のファンだったことや、芸名で「五十嵐和也」という名前を使い、サインも考えていたことを覚えていた。37年も前のことをそんなに覚えてくれていた友達は、ちょっといないのではないかと感動した。
 
【活動報告】人権大会シンポジウムが大成功 更新日:2012.10.05(金)

◇ 前半の最後は、内閣府の自殺対策推進室の片山朗参事官(写真の私の隣の方)が、先頃発表された自殺総合対策大綱見直しについて説明された。政府が自殺を強いられた死として捉え、弁護士などにも連携を求めていることが重要だ。
◇ 人権大会シンポジウムの後半、パネルディスカッションは、ライフリンクの清水康之さん、野洲市の生水裕美さん、自死遺族支援活動をしている弘中照美さん、岩手医科大学精神科医の大塚耕太郎さんらが、自殺対策のための連携作りについてそれぞれお話をされた。
◇ 自殺を人権問題としてとらえ、弁護士が自殺防止のために取り組み、ネットワークの要となるべきことを確認してシンポは大成功に終わった。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所