BLOG
 
 
【活動報告】佐賀県弁護士会の自殺対策シンポに参加 更新日:2018.01.28(日)

◇ 佐賀県弁護士会と日弁連の共催で佐賀県弁護士会館で開催された自殺対策シンポジウムにパネリストとして参加した。
 佐賀県弁護士会で昨年10月に「自死問題法律相談制度」が発足したことを受けて、弁護士が自死対策に取り組む意義について議論した。
◇ 大分県弁護士会では、2017年4月に一足早く「自死関連事案当番弁護士制度」が発足していることから、河野聡がパネリストとして登壇したのである。
◇ 当日は、日本臨床心理士会副会長も務める臨床心理士の高橋幸市さんや、佐賀県健康障害福祉部の廣重有美さんもパネリストとして、自殺対策に弁護士が関わる意義について意見を述べられた。
 
【活動報告】安保法制違憲訴訟提訴1周年記念集会が開かれる 更新日:2018.01.13(土)

◇ 昨年1月に大分地方裁判所に安保法制違憲訴訟を提起し、1年が経過した。1周年を記念して、広島訴訟でも活躍されている、尾道の井上正信弁護士をお招きして講演会を開催した。
◇ 井上弁護士は、武装強化や集団的自衛権が抑止力を高めると言われるが、現実には中国や北朝鮮の武装強化は止められておらず、ひとたび戦争が始まれば取り返しの付かない被害が生じる現実を踏まえれば、憲法9条による外交努力こそが現実的だと強調された。
◇ 憲法9条に自衛隊の存在を書き込むだけで、徴兵制の合憲化、軍事法廷・軍事刑法の合憲化、軍事予算の拡大など、人権や市民生活への悪影響は著しいのであり、このことを法律家は、市民にうったえていく必要があると述べられた。
 
【弁護士河野の日常】今年もLEの忘年会は梯税理士の猪鍋! 更新日:2017.12.31(日)

恒例の市民の権利ビル士業(Legal Expert 市民の権利)の忘年会が、市民の権利ホールで開かれました。今年も、梯税理士が猪鍋と鹿刺しを準備してくれ、ビールやワインで楽しく1年を振り返りました。市民の権利ビルは、来年2018年の6月で15周年となります。大きくなって出ていく方もいましたが、新たに入って来られる方もおり、今後も士業連携のビルとして、発展させていきたいと思います。
 
【活動報告】BAPOO10周年記念シンポジウム開催 更新日:2017.12.23(土)

NPO子どもいじめ・虐待相談センター(略称BAPOO)のNPO認証10周年記念のシンポジウムを開催した。理事長の心療内科医丹生誠治、臨床心理士の吉里恒昭、司法書士の和田正敏、浄土真宗僧侶の蓮谷啓介、そして弁護士の河野聡の5人が当初から一貫して関わり続けて来た。地道にそして着実にいじめと虐待の相談を受け続け、啓発活動を続けて来たことは、私たちの誇りだ。10周年に相応しく、丹生、吉里、河野によるリレー講演を行い、10年間の活動の成果と今後を大いに語った。〔写真は丹生理事長〕
 
【活動報告】親なきあと問題研究会の連続講演会 更新日:2017.07.16(日)

親なきあと問題研究会を2017年3月に立ち上げ、毎月1回の連続講演会を開催している。4回目は大分で最も有名な精神科医釘宮誠治医師をお招きして、発達障害の理解と、発達障害者の成人して老いていくまでの連続した支援のあり方についてお話をいただいた。親なきあと問題研究会は、障害を持つ子どもさんの将来の問題を早くから調整しておくために、弁護士、司法書士、税理士、フィナンシャルプランナーなどが連携して対応する組織で、河野が代表を務めている。次回は8月5日午後1時半から大分県社会福祉会館で開催する。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所