BLOG
 
 
【弁護士河野の日常】二水会忘年会で鍋パーティー 更新日:2010.12.09(木)

◇ 18年間続いている異業種交流会「二水会」の忘年会は、今年は市民の権利ホールで鍋パーティを行った。私が豆乳鍋、安部章浩さんがすき焼き、安部尚子さんと平田さんがキムチ鍋を作り、参加した約20人が味比べをした。安部章浩さんのすき焼きはプロ並みで、軍配は安部章浩さんに上がった。
◇ 私は、10月の人権大会の会場で購入した岩手の赤ワイン「くずまきワイン」を持ち込んで飲んだ。日本の赤ワインもここまで来たか、というくらいに渋みや深みも問題なく、本当に美味しかった。
 
【弁護士河野の日常】修習生の歓迎会と壮行会 更新日:2010.12.04(土)

◇ 今週は月曜日に新たに新64期修習生が大分に赴任したということで、裁判所・検察庁・弁護士会で歓迎会が開かれた。何とか修習生の給費制が1年間維持されたのだが、修習生には、給料をもらって研修できることのありがたさを十分自覚してもらい、市民のための法曹となるよう期待したい。
◇ 木曜には、新63期修習生が二回試験を終えて、挨拶に来る機会に壮行会が行われた。合否の発表は15日なのだが、大分で中身の濃い修習をしたからには、落ちる人はいないだろう。二次会では、多くの修習生が修習の思い出と今後について目を輝かせて語り合っていた。わずか1年で大きな成長を遂げるのが修習生だ。
 
【ワイン】 全国クレサラ被害者交流集会in岐阜、ワインは「COA」で。 更新日:2010.11.28(日)

◇ 11月27日と28日は全国クレサラ被害者交流集会が岐阜で開かれた。宇都宮健児弁護士の講演、湯浅誠さんや清水康之さんらによるパネルディスカッション、20の分科会などが行われた。当事務所からは、私の他、藤埼弁護士と上垣内弁護士が参加して、それぞれ違う分科会に参加して勉強した。
◇ 全体懇親会の後は、恒例により、大田原弁護士や田上弁護士らとワインバーで交流した。今回は田上弁護士の事務所の本家弁護士や広島の中田弁護士らも参加され、10人での交流会となった。ワインバーは美殿町の「COA」。元銀行店舗だったということで、分厚い扉のある元金庫の部屋でワインを飲んだ。オーナーシェフの大野さんと一緒に写真を撮ることができた。
 
【弁護士河野の日常】建築と法研究会2回目が開かれる 更新日:2010.11.27(土)

◇ 26日は建築士と弁護士の合同勉強会「建築と法研究会」の第2回目が開かれた。今回は弁護士側の発表で、鳥越徹弁護士が、建築設計契約の様々な論点について詳しく説明された。建築士の側からは、日頃の施主とのトラブルを踏まえて、多くの質問が出された。異なる分野の専門家が互いの知見を交流することは非常に有意義なことだ。
◇ 建築士会の大分支部長の宮隆博建築士は、ワイン好きで時々一緒に飲む関係だ。勉強会後の懇親会の後、二人で、いろんなワインの飲めるスナック「らうんじ蘭」に行った。今日はボジョレー「ヴィラージュ」を飲んだ。
 
【弁護士河野の日常】徳弘至孝公証人の退任記念講演会を開く 更新日:2010.11.24(水)

◇ 日田公証人役場の徳弘至孝公証人が11月末で任期を終えられることから、徳弘公証人の主催される勉強会に参加して来た人たちを集めて記念講演会と送別会を開催した。講演会には100人近い人が集まり、10年間の活動を凝縮したお話に熱心に耳を傾けた。懇親会も60人以上が参加し、思い出を語り合った。
◇ 参加していた人みんなが徳弘ファンだったが、小倉の公証人で裁判官出身の野島香苗さんも参加されており、徳弘公証人の生き様に感銘を受けて「私は徳弘チルドレンです」と挨拶されていたのが印象的だった。
◇ 徳弘公証人は高知に帰られるが、その後も市民のための勉強会は残った人たちで続けていこうと話し合った。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所