BLOG
 
 
【活動報告】小児科医による虐待問題の講演会を開催 更新日:2014.05.06(火)

◇ NPO子どもいじめ・虐待相談センター・大分の定期総会と合わせて毎年子どもの日前後に開催している講演会は、今年は5月5日に大分こども病院院長の藤本保医師をお招きして、小児科医から見た子ども虐待のお話を聞いた(写真)。
◇ 各種類型の虐待の見分け方や、ミュンハウゼン症候群の母親による虐待の事例などについて、詳細にお話をしていただいた。
 藤本院長は、来年には虐待児を対象に、情緒障害児短期療養施設を開設される予定とのことで、その施設の構想についても、詳しくうかがった。
◇ NPO理事らとの懇親会にも参加してくださったが、飲むと大変楽しい方だった。
 
【活動報告】憲法記念日講演会に参加 更新日:2014.05.03(土)

◇ 44年前から大分で毎年5月3日に開催されている健保記念日講演会に参加した。今年も400人もの参加者だった。
◇ 今年の講師は東京新聞論説委員の半田滋さん。20年にわたり自衛隊を取材し続け、イラクやジブチの自衛隊基地を取材するなど防衛問題に精通されている(写真)。
◇ 現在の安倍政権が巧みに国民を欺きながら憲法改正、歴史認識改変、軍国化を急速に進めていること、現在問題とされている集団的自衛権実現へのトリックについて、分かりやすくお話をされた。
◇ 現状の危うさは多くの市民が感じているところだろうが、押し戻すためにはどうすれば良いのか、深く考えることができた。
 
【活動報告】カジノ賭博場合法化反対集会に参加 更新日:2014.04.12(土)

◇ 国会でカジノを合法化する法律の審議入りが取りざたされている。国民がその実態を知れば強い反対が巻き起こることが予想されることから、自民党は短期間で法律を通してしまおうとする構えだ。
◇ しかし、カジノによって経済的繁栄がもたらされるというようなことは、海外の事例からして幻想に過ぎないこと、ギャンブル依存症が拡大することなどを考えれば、カジノの合法化を許してはならない。
◇ そこで、4月11日、東京で「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」の設立総会が開かれ、私も参加した。200人もの専門家や市民が参加し、国会議員からの賛同のアピールもなされた(写真は社民党の福島みずほ議員)。
 
【活動報告】中学生対象の模擬裁判で検察官役を務める 更新日:2014.04.03(木)

◇ 大分県弁護士会の法教育委員会が主催し、大分地方裁判所が協力して、中学生を対象に模擬裁判を通じて刑事訴訟を体験してもらう「ジュニア・ロースクール」が開催された。
◇ 模擬裁判では、DVDを万引きした男性の供述や、万引きを目撃した従業員やアリバイを証明する友人などの証言を聞いてもらい、有罪・無罪の判断をしてもらった。中学生にも補充尋問をしてもらったところ、熱心に次々と質問が出された。
◇ 私は、検察官役だったが、多くの若い人たちが裁判に関心を持って参加してくれたので、大変やり甲斐があった。
 
【活動報告】日弁連貧困問題対策本部で河田英正副会長の慰労会 更新日:2014.03.25(火)

◇ 日弁連貧困問題対策本部の事務局会議が開催された後、2013年度の担当副会長を務めていただいた河田英正日弁連副会長(写真)の慰労会が開かれた。
◇ 河田副会長は2013年4月から日弁連副会長になられ、貧困問題対策本部から出される意見書や会長声明案について、執行部とのすり合わせなどをしていただいた。特に私がシンポ実行委員長を務めた昨秋の人権大会では、意見書を理事会に通すにあたり、お骨折りをいただいた。
◇ 日弁連は大きな組織で官僚的になっているが、人権派の副会長が正義に適った運営に努めており、私たちの活動が報われる仕組みが作られている。
このページのTOPへ
 
page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82 
弁護士法人 おおいた市民総合法律事務所